お問い合わせ・資料請求

ブログ・お知らせ

カテゴリー
ブログ

リフォームを行う方へ!知っておくべき注意点をご紹介します!

 

リフォームを検討している人の中には、失敗が怖くてなかなか実行に移せないという方もいらっしゃると思います。
コストが大きくかかることだからこそ失敗は最小限に抑えたいですよね。
そこで今回はリフォームを行う際の注意点をご紹介します。
ぜひご参考ください。

 

□古い家をリフォームするメリットとは

ここでは古い家をリフォームするメリットとして3つご紹介します。

1つ目は趣を残せることです。
全く新しく建て替えてしまうと、趣や思い出が消えてしまいそうで悲しい、という方もいらっしゃるでしょう。
リフォームであれば、外観やメインの骨組みを残せるため、趣や思い出がゼロになることはありません。
さらに新しい設備も取り入れることで、趣と快適さの両方を獲得できますよ。

2つ目は固定資産税が上がりにくいことです。
建物が新しくなると、建物としての価値が上がるため固定資産税が上がってしまいます。
小規模なリフォームであれば固定資産税は上がりませんし、大規模であっても建物の価値が上がらない限り固定資産税は変わりません。

3つ目は面倒な手続きが必要ないことです。
建て替えを行なった場合、様々な書類を提出する必要があります。
そういった手続きには時間やお金などのコストがかかるため、忙しい方や面倒な手続きが苦手な方にはリフォームの方がおすすめです。

 

□リフォームで失敗してしまう主な原因とは

リフォームで失敗してしまう場合には様々な原因がありますが、ここでは代表的な原因を3つご紹介します。

1つ目は家族やリフォーム会社とのコミュニケーションが不足していたことです。
住宅は家族みんなが生活する場所ですので、リフォームの際は家族みんなが納得することが大切です。
リフォームの優先順位が家族間で共有されていなかったり、意見がまとまっていなかったりすると、後々トラブルになる可能性が高いでしょう。

またリフォーム会社とのコミュニケーションが不足していると、施工後に要望と違うことが判明するといったことが発生する恐れがあります。
話し合いの場でのコミュニケーションをしっかりとって、リフォーム後に不満が残らないようにしましょう。

2つ目はカタログのみで決めてしまったことです。
カタログに載っているものと実物とではどうしても違いが出てしまう場合があります。
カタログのみで選んでしまうと、施工してみたらイメージと違ったということになる可能性があります。
そのためなるべく実物を見て確認するようにしましょう。

その際サンプルよりも、ショールームなどで見た方がイメージの乖離を防ぐことができますのでおすすめです。

3つ目は間取りの確認や採寸が不十分であったことです。
例えば冷蔵庫を置くスペースが不十分だったり、トイレのサイズが部屋の広さに対し大きすぎたりするなどの事例があります。
せっかくリフォームしたのにかえって不便になってしまったということがないように、事前に確認するようにしましょう。

 

□まとめ

今回はリフォームを行う際の注意点についてご紹介しました。
ポイントを押さえてリフォームのトラブルを未然に防ぎましょう。
リフォームを検討中の方は本記事を参考にしていただけると幸いです。

2021/10/12