お問い合わせ・資料請求

ブログ・お知らせ

カテゴリー
ブログ

スケルトンリフォームを検討中の方へ!よくある後悔ポイントと対策をご紹介します!

 

「スケルトンリフォームに興味があるけれど、決めかねている」
このようなお悩みをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
リフォームは一般的に大きなコストがかかるので、失敗したくありませんよね。
そこで今回は、スケルトンリフォームでよくある後悔ポイントをご紹介します。
ぜひお役立てください。

 

□スケルトンリフォームとは

スケルトンリフォームとは、骨組み以外の部分を解体して、建物全体をリフォームすることを指します。
天井や壁も解体するため、住宅の雰囲気や使い勝手を一新できるでしょう。

スケルトンリフォームでは、構造部分以外のほとんどを撤去するので、間取りの変更が可能です。
そのため、暮らしやすさを追求できるというメリットがあります。

例えば、出産やお子様の成長などでライフスタイルや家族構成が変化すると、暮らしやすい間取りも変化するでしょう。
そういった場合に、スケルトンリフォームで現在の生活に合った間取りにすることで、日々のストレスが和らぐかもしれません。

さらに、生活動線を短くしたり、リビングを広げたりすることも可能です。
このように、設計の自由度が高いこともスケルトンリフォームが注目される要因の一つです。

 

□スケルトンリフォームでよくある後悔ポイントとは

ここでは、スケルトンリフォームでよくある後悔ポイントを2つご紹介します。
1つ目は構想上の問題で、スケルトンリフォームができなかったケースです。
スケルトンリフォームは自由度が高いことが魅力ですが、場合によっては柱や筋交いが残ることもあります。

従って、スケルトンリフォームは何でもできるわけではありません。
そのように誤解をしていると、後悔してしまうかもしれませんのでご注意ください。

2つ目は、想定よりも費用がかかってしまったケースです。
スケルトンリフォームで天井や壁を解体した結果、基礎部分が激しく劣化しているという問題が発覚することがあります。
基礎や柱が腐っていたりシロアリの被害に遭っていたりする場合、建て替えの方が安いという可能性も出てくるでしょう。

構造部分の腐食などは、施工まで詳細がわからないことが多いです。
そのため、万が一構造部分に問題があった場合の対策を事前に考えておくと良いでしょう。

 

□まとめ

今回は、スケルトンリフォームでよくある後悔ポイントをご紹介しました。
事前に失敗例を知っておくことで、対策できるようになるでしょう。
スケルトンリフォームを検討中の方は、本記事を参考にしていただけると幸いです。
また、何かわからないことがありましたら、お気軽に当社までご相談ください。

2022/01/11