お問い合わせ・資料請求

ブログ・お知らせ

カテゴリー
ブログ

トイレのメーカーはどう決める?大手メーカーを比較します!

 

トイレにはメーカーが沢山あるので、どのメーカーを選ぶか迷いますよね。
今回に記事では、トイレのメーカーでお悩みの方のために、大手メーカーを比較し、トイレ選びのポイントについてご紹介します。
ぜひ参考にして、トイレ選びの際にお役立てください。

 

□トイレメーカーを比較!リフォーム価格はどれくらい?

1つ目は、LIXILです。
LIXILは、デザイン性が高いことが特徴です。
機能面においても、除菌・消臭対策がしやすいので安心です。
リフォーム価格は、タイプにもよりますが、約8万円から約35万円です。

2つ目は、TOTOです。
TOTOは有名なメーカーなので、やはり安心感があります。
節水性が高いので、水道代の節約が節約できます。

リフォーム価格は、約8.6万円から約35万円です。
先ほどご紹介したのLIXILと同程度の価格帯になります。

3つ目は、ジャニスです。
ジャニスは洗浄時の音が静かなので、深夜に洗浄音が気になる方におすすめです。
国内で最小クラスのコンパクトデザインなので、狭いトイレでも設置できます。
価格も、約13万円から約25万円なので、工事内容により変動はありますが、他の2社と比べて10万円ほどお安くなる可能性が高いです。

 

□トイレ選びのポイントをご紹介!

トイレそのものだけでなく、床・壁の材質と色にこだわることがポイントです。
材質は、色々な種類があります。

1番多く使用されているのは、フローリングやタイルです。
フローリングは、他の部屋と統一感を出せるので、おしゃれに仕上げられますが、水やアンモニア、洗剤などに弱いので、お手入れを放ってしまうと数年で黒ずんでしまうデメリットがあります。

タイルは、高級感を出せます。
水やアンモニアにも強いので、フローリングと比べて耐久性が高いです。
施工期間が長く、費用がかかってしまうことがデメリットです。

1つの材質を使用するのではなく、この2つを組み合わせて基本的にはフローリングを使用し、特に汚れやすい一部分をタイルにし、それぞれのメリットを生かすのもおすすめです。
こうすることで、水に弱いフローリングを水や汚れに強いタイルの性質で補えます。

 

□まとめ

今回は、トイレの大手メーカーを比較し、トイレ選びのポイントをご紹介しました。
ここだけは譲れない機能を決めると、メーカーも決めやすいですよ。
この記事が少しでも参考になれば幸いです。
トイレのリフォームをお考えの方はぜひ当社までお気軽にご相談ください。

2022/04/15