お問い合わせ・資料請求

ブログ・お知らせ

カテゴリー
ブログ

流し台について知りたい方必見!メーカーの比較と選び方について解説します。

 

「流し台のメーカーの比較と選び方がわからない」
このようにお悩みの方は必見です。
この記事では、流し台のメーカーの比較と選び方について解説します。
ぜひ参考にしてください。

 

□流し台を含むキッチンメーカーの比較ポイントについて

3つの比較ポイントについて解説します。

1つ目は、価格帯です。
メーカーによって相場は異なりますが、大体50万円から150万円がキッチンの相場です。
ハイグレードになればなるほど価格は上がり、シンプルなものはリーズナブルです。
流し台含め、オプションをキッチンにつけるとその分値段は上がります。

2つ目は、機能性です。
機能性で特に掃除のしやすさと収納力と省エネ性と耐久性の4つが大切です。
特にどの機能が必要かは、それぞれの生活スタイルによって変わるので、あらかじめ調べておく必要があります。

3つ目は、デザイン性です。
自分にとってどれが一番大切かを考えておくことが大切です。
流し台も含めデザイン性はメーカーによって全く異なります。
オーダーメイドか、オプションを追加するかなどデザイン性の選択肢もあります。

どこが変更できてどこまでオーダーメイドできるかは、会社によって違うため事前の確認が必要です。

 

□流し台(キッチンシンク)について

流し台を選ぶときの3つのチェックすべきポイントについて解説します。

1つ目は、使われる素材と特徴です。
流し台として使われる代表的なステンレスシンクと人工大理石シンクについて説明します。

まず、ステンレスシンクは、変色しづらく錆びにくいのが特徴です。
最も最適な素材の1つで、昔からよく使われる素材です。

次に、人工大理石シンクは、デザインが豊富で、清掃性が良いのが特徴です。
大理石に似た雰囲気が人気で、デザイン性が特に人気です。

2つ目は、取り付けタイプについてです。
この取り付けタイプには2つの種類があります。

1つはアンダーシンクです。
これは、キッチンの天板の下にシンクを接合するものです。
主流の取り付けです。
しかし、継ぎ目をなくす加工がされているため、変えられません。

もう1つは、オーバーシンクです。
これは、天板の上からつけたシンクです。
キッチンでこのシンクが使われることは少なくなってきています。

3つ目は、機能とデザインについてです。
キッチンのシンクは耐久性を考えたときにステンレスシンクが一番人気です。
予算に余裕がある場合は、新素材のシンクも検討してみてください。
キッチンに使用される素材の多くは耐水性があるので、デザイン性を重視して決めるのも良いでしょう。

 

□まとめ

流し台のメーカーの比較と選び方について詳しく解説しました。
流し台のメーカーの比較と選び方に関してのご理解をいただいた上で、ご検討よろしくお願いいたします。
流し台を検討している方はぜひ一度当社にご相談ください。

2022/05/12