お問い合わせ・資料請求

ブログ・お知らせ

カテゴリー
ブログ

リフォームで間取り変更はできる?事例をご紹介します!

 

「リフォームで間取り変更はできるのかな」

このような疑問をお持ちの方はいらっしゃいませんか。

リフォームでは、壁の撤去や間仕切りの追加によって間取りを変更できます。

そこで今回は、間取り変更の事例や費用相場をご説明します。

 

□リフォームの間取り変更にはどのようなものがある?

 

ここでは2つの方法をご紹介します。

1つ目は、壁を撤去する方法です。

こうすることで、空間が広がります。

例えば、リビングと隣接する和室をつなげた事例です。

壁やふすまを撤去し、和室部分の床をフローリングに変更することで、リビングが広々とした空間になります。

2つ目が、間仕切りをつくる方法です。

間仕切り壁や引き戸を取り付けることで、空間を区切ることが可能です。

例えば、子供部屋に間仕切り壁やドアを取り付けた事例があります。

お子様の成長などに伴って、追加で部屋が必要になる場合もありますよね。

そのような時は、間仕切りやドアを取り付けるのが効果的です。

 

□間取り変更にかかる費用相場をご紹介します!

 

まず、間仕切り壁を設置した場合です。

この場合の相場は5万円から20万円です。

お子様の成長に合わせてプライベート空間を確保するために間仕切りを設置する方が多いです。

また、将来的に元に戻すことを視野に入れて、引き戸タイプの可動式間仕切りを検討されても良いでしょう。

その他にも、リビングや寝室に間仕切りを設置する場合は、ウォークインクローゼット風の収納にするのもおすすめです。

 

次に、壁やドアを新設した場合です。

この場合の相場は30万円~70万円です。

壁の面積やドアのタイプによって値段は異なります。

中でも、一般的で気密性の高い開き戸は価格が比較的安いためおすすめです。

開き戸は開閉のスペースが必要なので、その点は注意しましょう。

また、引き戸は種類が豊富で、開き戸より費用はかかるものの、全開すると開放感のある空間になります。

 

次に、ダイニングやキッチン、リビングをLDKに変更した場合です。

この場合の相場は100万円から300万円です。

これは、壁の撤去や電気工事、キッチンの移動などの費用を含んだ相場です。

特にキッチンは、給排水管や電気配線の工事が必要なため、高額になる場合があります。

また、構造上撤去できない壁もあるため、リフォーム前に一度確認しておきましょう。

 

最後に、アコーディオンカーテンを設置した場合です。

この場合の相場は5万円~8万円です。

アコーディオンカーテンとは、開け閉めが可能でコンパクトにまとめられるカーテンのことです。

商品のグレードによって値段が異なりますが、最も手軽な方法と言えるでしょう。

色や種類も豊富なので、ご自宅の雰囲気に合ったものを選んでみてはいかがでしょうか。

 

□まとめ

今回は、間仕切りリフォームの事例や費用相場をご紹介しました。

どのようなリフォームをするかによって、工事内容や費用相場は大きく異なります。

理想とご予算を照らし合わせて、ご家族で相談してみてはいかがでしょか。

ぜひこの記事を参考にしていただければ幸いです。

2021/05/04