お問い合わせ・資料請求

ブログ・お知らせ

カテゴリー
ブログ

お風呂の窓の選び方とは?リフォームをご検討の方必見!

 

お風呂のリフォームをご検討中の方に知っていただきたいのが、窓のリフォームについてです。

お風呂の窓にはさまざまなリフォーム方法があるのをご存知ですか。

今回は、それぞれのメリットやデメリット、注意点をご説明します。


□お風呂の窓のリフォーム方法をご紹介します!


お風呂の窓にはどのようなリフォーム方法があるのでしょうか。

ここでは3つの方法をご紹介します。

1つ目が、内窓リフォームです。




これは、今ある窓の内側に新しく窓を設置する方法です。

この方法のメリットは、今ある窓を撤去しなくて良いため、費用が抑えられることと、窓全体の気密性を高められることです。

しかし、窓を2枚重ねるため、開閉が2回必要です。

それを面倒に感じない方にはおすすめの内窓リフォームと言えます。

 

2つ目が、カバー工法です。

これは、窓を取り外し、新しく取り付ける方法です。

この方法のメリットは、使い勝手が変わらないことや窓全体を断熱できること、窓を新しくするため、きれいな窓に変えられることです。

しかし、他の方法に比べて費用がかかる場合があります。

カバー工法は、すきま風などの悩みを本格的に解決したい方におすすめです。

 

3つ目が、ガラス交換です。

これは、ガラスのみを断熱効果の高いものに交換する方法です。

この方法のメリットは、費用が抑えられることと、使い勝手が今までと変わらないことです。

しかし、ガラスのみを交換するため、窓サッシが原因のすきま風は解決できません。

窓サッシに問題がない方や費用を抑えたい方におすすめの工法です。

 

□お風呂の窓のリフォームの注意点をご説明します!

では、お風呂の窓をリフォームする際、どのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。

注意点を3つご紹介します。

1つ目は、浴室に付ける窓の大きさです。

浴室の窓をリフォームする際、大きいものを選ぶと外から浴室の中が見えやすくなります。

そのため、プライバシー対策が大切です。

大きい窓を取り付ける際は、十分に対策するようにしましょう。

 

2つ目は、浴室の寒さ対策です。

お風呂の窓を選ぶ際は寒さ対策も大切です。

寒さ対策には、気密性の高い窓や、断熱効果の高いガラスがおすすめです。

また、内窓を付ければ、寒さ対策に加えて防犯対策にもなります。

 

3つ目は、防犯対策です。

窓の防犯対策には、格子や目隠しルーバーがあります。

目隠しルーバーは、防犯以外にも、目隠し対策にもなるため、お風呂の窓におすすめです。

 


□まとめ


今回は、お風呂の窓のリフォーム方法や注意点をご説明しました。

窓をリフォームする際は、窓の大きさや寒さ、防犯対策に注意して選びましょう。

様々な方法があるため、ご自宅にぴったりの方法を選んでみてはいかがでしょうか。

ぜひこの記事を参考にしていただければ幸いです。

2021/05/16