お問い合わせ・資料請求

ブログ・お知らせ

カテゴリー
ブログ

雨漏りが気になっている方はいませんか?外壁のリフォームについてご紹介します!

 

「最近外壁からの雨漏りが気になる」
「どのように直してもらえば良いのかな」
このように雨漏りに不安な方はいらっしゃいませんか。

雨漏りが発生してしまうと、生活が不便になってしまいます。
できるだけ早くリフォームしてもらった方が良いですよね。
そこで今回は雨漏りが気になる方に外壁リフォームについてご紹介します。

 

□雨漏りの原因は?

 

外壁から雨漏りする原因は、防水シートの破損です。
この部分は、台風や地震などで簡単に壊れることはありませんが、メンテナンスを怠っていると破損してしまうのです。

このように外壁が劣化することにより、雨漏りが発生するので、定期的なメンテナンスをすることをおすすめします。
外壁の種類により、メンテナンスの周期は変わりますが、一般的には約10年です。
レンガやタイルの場合、周期は7年ほどで、やや短くなります。
他の種類の外壁も、施工方法や立地環境、資材によって、メンテナンスの周期は変わります。

数年に1回の周期で業者に見てもらうことで、雨漏りを防げます。
事前にメンテナンスをして、快適に暮らしましょう。

 

□外壁リフォームの種類は?

 

雨漏りを直すための外壁リフォームには、いくつかの種類があります。

1つ目は、外壁塗装です。
特殊なペンキを塗り、紫外線や雨水などから外壁を守ります。
約10年ごとに行うと、きれいな外壁を維持できます。
ペンキを塗ると、ひび割れなども修復できて見た目もきれいになるので嬉しいですね。

 

2つ目は、外壁カバー工法です。
壁の上から新しい外壁を取り付ける工事です。
ガルバリウム鋼板という軽い資材が使われることが多いです。
他の外壁材よりも非常に軽いので、住宅の負担を減らせます。

ただし、外壁材を二重にすると、下地の劣化を修復するのが難しくなります。
そのため、既に外壁が修復できないくらい傷んでいる場合は、この工法はできません。

 

3つ目は、外壁張り替え工事です。
現在の外壁材を取り外して、新しい外壁を張り付けます。
壁自体が新しくなるため、しばらくメンテナンスは必要ありません。
また、新しくすることでより強度のある住宅へとリフォームできます。

 

□まとめ

 

今回は、雨漏りから守るための外壁リフォームの方法についてご紹介しました。
雨漏りは、外壁の防水シートの破損によって起こるので、外壁の定期的なメンテナンスが必要です。
リフォーム方法としては、外壁塗装、外壁カバー工法、外壁張り替え工事などがあります。
雨漏りが起こる前にぜひ外壁リフォームを行いましょう。

2021/06/19