お問い合わせ・資料請求

ブログ・お知らせ

カテゴリー
ブログ

バルコニーを検討中の方へ!広さの目安について解説します!


「バルコニーの広さをどのくらいにすれば良いかわからない」
「バルコニーで後悔したくない」
このようにお考えの方は多いでしょう。
バルコニーも家の一部分なので、こだわりたいですよね。
今回は上記の疑問を解決する情報をお届けします。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

□バルコニーの広さの目安についてご紹介!

バルコニーの広さの目安は用途によって異なるので、用途ごとに解説します。

1つ目は、布団を干す場合です。
洗濯物や布団を干すためにバルコニーを設ける方も多いでしょう。
布団1枚の幅がおよそ1メートルなので、家族の人数によって決まります。
同時に干さない場合は問題ないのですが、同時に干したいのであれば家族の人数分の布団幅は最低でも必要です。

2つ目は、室外機を置く場合です。
室外機のサイズは、一般的に幅80センチメートル、奥行き30センチメートルです。
また、前後には20センチメートルの間隔が必要なので、室外機を2台以上置くなら2メートル、さらに洗濯物を干す場合には最低でも4メートルは必要です。

3つ目は、バルコニーをリビングとして活用したい場合です。
これは、テーブルや椅子を置くことを想定してサイズを決めましょう。
ゆったりと使いたい場合は、幅4メートルほどのバルコニーにすることをおすすめします。

以上が、バルコニーの広さの目安についてでした。

 

□バルコニーで後悔しないためのポイントについてご紹介!

続いては、バルコニーで後悔しないためのポイントについて解説します。

1つ目は、使い方をイメージすることです。
先ほどご紹介した用途に合わせて、どれくらいのサイズがベストなのか考えましょう。
奥行きや幅にゆとりがあると、使い勝手が良くなります。

2つ目は、動線を意識することです。
洗濯物を干す場合には、洗濯機に近い場所の方が便利ですし、ガーデニングや家庭菜園をお考えの場合は水道の近くだと便利でしょう。
また、日当たりを考えて方角を意識するのもポイントの1つです。
方角によってメリットデメリットがあるので、使い方に分けて位置を検討しましょう。
以上が、バルコニーで後悔しないためのポイントについてでした。

 

□まとめ

今回は、バルコニーを検討中の方に向けて、バルコニーの広さの目安とバルコニーで後悔しないためのポイントについて解説しました。
当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。
今回の情報を活用し、素敵なバルコニーをつくってみてくださいね。
ご不明点がありましたらいつでも当社へご連絡ください。

2022/02/07