お問い合わせ・資料請求

ブログ・お知らせ

カテゴリー
ブログ

トイレの部屋の大きさはどのくらいが良い?間取りのポイントをご紹介します!

 

トイレはほぼ毎日使用する空間ですので、リフォームの際にこだわる方は多いでしょう。
より快適にトイレを使用するためには、インテリアだけでなく、部屋の大きさも大切です。
そこで今回は、一般的なトイレの広さや間取りのポイントをご紹介します。
ぜひお役立てください。

 

□一般的なトイレの広さとは

戸建て住宅の場合、一般的にトイレの広さは約0.5坪の幅80cm、奥行き160cmです。
多くの場合、集合住宅よりも広めであるため、トイレ空間をゆったりとさせられますし、収納スペースも設置できます。

また、車椅子を使っている方や高齢者がいる場合には、トイレもバリアフリーに対応する必要があるでしょう。
バリアフリー対応にする場合、約0.75坪の幅120cm以上、奥行き160cm以上は確保しましょう。
もし介助スペースが必要な場合は、さらに広さが必要になります。

ただし、一口にトイレといってもタンク付きトイレかタンクレストイレかによって便器の寸法は異なります。
そのため、どちらを選ぶかによってトイレの広さも変わるでしょう。
タンクレストイレは、便器の後ろにタンクがない分、奥行きに余裕ができるため、空間を広く使えます。

 

□トイレの間取りのポイントとは

トイレの間取りを考える際には、部屋の入り口のサイズや開き方に注目しましょう。
トイレは、限られたスペースの中でありながら機能性が求められる空間です。
そのため、入り口の開き方やサイズは慎重に検討することが大切になってきます。

突然気分が悪くなってしまった人や、高齢者が中で倒れてしまう可能性もありますので、入り口ドアは引き戸か外開きのものがおすすめです。
内開きだと、倒れた人がつっかえて搬出しにくくなるためです。

しかし、トイレ前の通路が狭くドアの開閉のためのスペースが取れない場合もあるでしょう。
そういった場合には、内開きにせざるをえないですよね。
その際は、ドアを内側へ開いたときに邪魔にならないよう、十分なスペースを確保すると良いでしょう。

目安としては、ドアの開口部の広さは少なくとも60~75cmは確保しましょう。
また、車椅子を使っている方がいらっしゃる場合には、80cm以上は必要になります。

 

□まとめ

今回は、一般的なトイレの広さや間取りのポイントをご紹介しました。
トイレ周りのリフォームを検討中の方は、本記事を参考にしてみてください。
また、当社はリフォーム事業に携わっております。
お客様に最適なリフォームの提案をいたしますので、何かお困りごとがありましたらお気軽にお問い合わせください。

2022/03/01