お問い合わせ・資料請求

ブログ・お知らせ

カテゴリー
ブログ

玄関の広さはどのくらいにすれば良い?広さの目安をご紹介します!

 

「玄関の広さはどれくらいにすれば良いか知りたい」
「玄関の印象を良くするためのポイントを知りたい」
このようにお考えの方は多いでしょう。
家を建てるときは、玄関にこだわる方も多いと思います。
今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

□玄関の標準的な広さについてご紹介!

新築住宅の玄関スペースの標準的な広さは3畳程度です。
玄関口は1.35メートル以上、奥行きは1.2メートル以上あると快適に利用できるでしょう。
玄関の広さは用途によって変わりますが、家全体の広さとのバランスや家族の人数、ライフスタイルを考えて決めることが大切です。

2人暮らしの場合は、靴が多い場合を除くと、1.5畳程度の広さで問題ないです。
1.5畳は土間脇のスペースに靴箱を設置しても窮屈さは感じない広さです。

3~5人暮らしの場合は、標準的な3畳程度の広さがおすすめです。
玄関口を1.6メートル程度確保すると、余裕のあるスペースになるでしょう。
来客が多い場合には、4畳以上がおすすめです。
以上が、玄関の標準的な広さについてでした。

 

□玄関の印象を良くするためのポイントについてご紹介!

続いては、玄関の印象を良くするためのポイントについて解説します。
玄関の印象を良くするためのポイントは2つあります。

1つ目は、玄関に光を取り入れるための工夫をすることです。
玄関は暗くなりやすい場所なので、意識して光が入るようにすることをおすすめします。
明るくて清潔感があると、お客様に良い印象を与えます。

2つ目は玄関ドアです。
玄関ドアの種類や色、デザイン、カギにこだわることも印象につながります。
玄関ドアには、扉タイプと引き戸タイプがあります。
扉タイプの玄関ドアが主流ですが、最近では引き戸タイプを選ぶ方も増えています。
デザインや色を変えることで、印象は大きく変わります。
カギのタイプも同様で、カギ穴タイプと電子キータイプがあります。
最近ではスマートフォンでカギの開閉ができるものもあります。

以上が、玄関の印象を良くするためのポイントについてでした。

 

□まとめ

今回は、玄関について詳しく知りたい方に向けて、標準的な広さや印象を良くするためのポイントについて解説しました。
当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。
今回の情報を活用していただけると幸いです。
この記事に関してご不明な点がございましたら、当社までお問い合わせください。

2022/02/27