お問い合わせ・資料請求

ブログ・お知らせ

カテゴリー
ブログ

リフォーム時に利用できるお得な制度とは?注意点もご紹介します!


新築住宅を建てたときに使える補助金制度や助成制度があることをご存知の方は多いでしょう。
実は新築住宅購入時だけでなく、リフォームの際にもお得な制度を利用できる場合があります。
そこで今回はそういった制度の概要と利用時の注意点をご紹介します。
ぜひお役立てください。

 

□リフォームで使える補助金制度や助成制度を制度とは

まず、リフォームで使える補助金制度を2つご紹介します。

1つ目は長期優良リフォーム補助制度です。
この制度は、既存住宅の長寿命化を図る取り組みの一環です。
長期優良リフォームには、省エネ性や耐震性の高い家などへのリフォームが該当します。

この制度を利用すると、リフォーム費用の三分の一まで国から補助金が交付されます。
ただし、一戸あたり最大で100万円までという上限があります。

2つ目は介護保険制度によるバリアフリー化のリフォーム補助制度です。
この制度は、高齢者介護に対する公的保険制度です。
該当するリフォームを行なった場合、最大18万円まで補助を受けられます。

また、自治体単位でリフォームの助成制度を提供している場合もあります。
こういった助成制度は、地域活性化を目的としている場合が多く、地元の建設業者に依頼することが条件の一つとなっていることもあります。

助成制度の有無や内容は、自治体によって異なります。
そのため、まずはお住まいの自治体がリフォームに関する助成制度を行なっているかどうか確認しましょう。

 

□補助金制度を受ける際の注意点

リフォームの補助金制度を利用する際の注意点は2つあります。

1つ目は制度を利用するためには、申請が必要であることです。
基本的に、補助金を受けるためには事前に申請しなければいけません。
申し込む制度によって、申請の窓口や申請に必要な書類は異なりますので、予めチェックしておきましょう。

2つ目はスケジュールや制度の予算を確認することです。
制度の中には、常時申請を受け付けているものと受付期間が決められているものがあります。
また、補助金事業には予算が設定されており、予算が予定よりも早く消化されると、その時点で受付が終了することもあります。

さらに、補助金の交付が決定する前に契約・着工した工事については補助金工夫の対象外となりますので、スケジュール管理にも注意が必要です。

 

□まとめ

今回は、リフォーム時に利用できるお得な制度と、利用時の注意点をご紹介しました。
せっかくならお得にリフォームしたいとお考えの方は多いでしょう。
そういった方は、本記事を参考にして、利用条件を満たす制度に申し込んでみてはいかがでしょうか。
また、リフォームを検討中の方はお気軽に当社までご相談ください。

2022/03/29