お問い合わせ・資料請求

ブログ・お知らせ

カテゴリー
ブログ

システムキッチンの耐久性はどのくらい?パナソニックの特徴もご紹介!


「システムキッチンを検討しているけど、耐久性がどれくらいなのか分からない」
このように疑問を持つ方は多いでしょう。
今回は、このような疑問を解決するために、システムキッチンの耐久性についてご紹介します。
また、パナソニックのシステムキッチンの特徴もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

□システムキッチンの耐久性はどれくらい?

システムキッチンの耐久性は約10年から約20年程度が目安です。
そのため、たとえ高級品を購入しても、いつかは交換する必要があります。
約10年使用して、まだ壊れていなくてもキッチンを毎日使用する家庭では、キッチン本体が劣化しています。
また、本体だけでなく、ガスコンロやレンジフードなどキッチン構成部材も時間が経つにつれて劣化します。
メーカーによっては部材単位で交換することを前提としたキッチンがあるので、長く使い続けたいという方は、そのようなキッチンを検討するのもおすすめです。

 

□パナソニックのシステムキッチンの特徴をご紹介!

パナソニックは良い意味で、真似をするのが上手なメーカーです。
他社のアイデアを取り入れながらも、パナソニックらしさを出し、次々と良い商品を開発しています。
システムキッチンもその1つで、パナソニックならではの工夫があります。

パナソニックのシステムキッチンは、見た目の美しさだけでなく、機能性も優れています。
シンクは「PaPaPaシンク」の愛称で知られているスキマレスシンクを採用しています。
従来は、カウンターとシンクに隙間ができる分離式のシンクですが、パナソニックはシンクの奥が隠れるように立ち上がりを作っています。
隙間がないので、掃除がしやすく、汚れを溜めにくい工夫がされています。
そして、洗剤ラックの位置を自由に変えられるので、最大約497mmの奥行きを確保できます。
そのため、大きめの中華鍋も楽に洗えます。

また、パナソニックならではのクッキングコンセントの機能が付いているので料理がしやすくなります。
このクッキングコンセントはワンプッシュで収納できます。
パナソニックは本来、電材メーカーなので、このように配慮された工夫があるのでしょう。

 

□まとめ

今回は、システムキッチンの耐久性とパナソニックのシステムキッチンの特徴をご紹介しました。
新しいシステムキッチンに変えようか迷われている方はぜひ参考にしてみてください。
当社では、小さなリフォームからでも承りますのでお困りの方はぜひお気軽にお問い合わせください。

2022/03/30