お問い合わせ・資料請求

ブログ・お知らせ

カテゴリー
ブログ

リフォームでやっておけばよかったと後悔することについてご紹介します!

 

リフォームを検討されている方の中には、どのようなことをやっておけば後悔しないのか気になるという方もいらっしゃると思います。
しかし、具体的にどのようなことをすれば良いのか分からないという方も多いでしょう。
本記事では、そのような方のためにリフォームでやっておけばよかったことについてご紹介します。

 

□リフォームで後悔したこととは?

 

1.費用に関する後悔
具体的には、費用が予算を大きくオーバーしてしまったという後悔や、反対に予算を気にし過ぎてしまったという後悔、改修工事の費用が予想以上に高かったという後悔などが挙げられます。
特に、中古住宅を購入してリフォームをする場合は、工事費用以外にも不動産取得税などの税金、仲介手数料などの諸費用もかかるため、注意が必要です。

2.間取りに関する後悔
具体的には、収納量が少なかったという後悔や、冷暖房の効率が悪くなってしまう間取りにしてしまったという後悔、水回りの設置場所が悪く音がうるさいという後悔などが挙げられます。
間取りは、生活動線や家事動線なども意識する必要があるため、後悔される方が多い部分です。

3.デザインに関する後悔
具体的には、個性的なデザインにしすぎて売却するのに苦労したという後悔や、前から使っていた家具が使えなくなったという後悔などが挙げられます。
せっかくのリフォームだからとデザインにこだわりすぎてしまうと、その後困ってしまうことがあるため、注意してください。

 

□やっておくべきこととは

 

リフォームで後悔しないためにやっておくべきことについてご紹介します。

1.議事録を残しておくこと。
リフォームをする際は依頼する会社と何回か打ち合わせをしますが、その際に話した内容と決めた事柄について記録をとっておきましょう。
記録をとっておくことで、どのようなことが決まったのか、どのようなことが決まっていないのかが明確化されることに加え、どのような内容で決まったのかがはっきりとします。

2.工事の流れや内容を把握しておくこと。
工事について依頼する会社に全て任せるのではなく、ご自身でも流れや内容について理解をして、欠陥やミスがないかチェックしましょう。
流れや内容については、依頼する会社に聞いてみてください。

 

□まとめ

本記事では、リフォームでやっておけばよかったことについてご紹介しました。
リフォームを検討されている方は、ぜひ参考にしてください。
また、当社はリフォームのご依頼を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

2021/08/03